読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つるまめ◯ごはん recipe blog

高円寺つるまめのレシピブログ。体にやさしい野菜多め、和食中心の家庭料理です。自分のため一緒にいる人のため、日々の健康やご飯づくりのお供に・・・

冷や汁/冷や汁の素(あじみそ)

宮崎の郷土料理の冷や汁、材料や作り方は家々で異なるようです。

f:id:tsurujmame:20160711142521j:plain

焼いた魚の身をほぐしていれるのでそのままでもご飯のお供になります。

アジの干物1~2枚、みそ大さじ2~3、白ゴマ大さじ1〜2
白ゴマクリーム大さじ1〜2、しょうが
アジの干物は焼いて骨と皮をのぞき身をほぐします。小骨も丁寧にのぞきます。
みそはアルミホイルに広げてトースターで焼いておきます。
すり鉢で炒った白ごまをよくすり、ごまクリーム、ほぐしたアジ、焼いたみそを加えさらにすり混ぜます。すりおろした生姜も加えさらによく混ぜます。

f:id:tsurujmame:20160711144233j:plain f:id:tsurujmame:20160711144336j:plain

滑らかになるまですり混ぜたら出来上がりです。
一回分ずつわけて冷凍しておくと食べたい時にいつでも使えます。
冷や汁”に、水でのばして麺のつゆに、そのままご飯のお供にしても美味しいです。

冷や汁(一人分)
冷や汁の素大さじ1.5~2、きょうり約1/3本、しそ、みょうが、しょうがはそれぞれ適宜
きゅうりは1~2ミリの厚さのきゅうりもみにします。
(塩少々をすり込んでから小口切りにして軽くまぜ2〜3分おいてから水気をしぼる)
しそ、みょうが、しょうがなどの薬味は細かく刻んでおきます。
冷や汁の素を冷たい水カップ約1/2で伸ばしきゅうりもみ、きざんだ薬味を混ぜます。
冷蔵庫で数時間おくと味がなじみます。
ご飯(麦ご飯)にかけて食べます。

薬味野菜は食べる直前に刻んで加えると香りも栄養も新鮮です。