読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つるまめ◯ごはん recipe blog

高円寺つるまめのレシピブログ。体にやさしい野菜多め、和食中心の家庭料理です。自分のため一緒にいる人のため、日々の健康やご飯づくりのお供に・・・

まるごとのかぼちゃの切り方

無理せず丸ごとのかぼちゃを手もちの包丁で切り分けることができます。

f:id:tsurujmame:20160724154003j:plain

かぼちゃの上方のヘタを包丁の先の尖った部分を使ってくりぬきます。
くりぬいた穴に菜箸をさします。下までさす必要はなく半分ぐらいまででも大丈夫‥

f:id:tsurujmame:20160724084023j:plain f:id:tsurujmame:20160724084051j:plain f:id:tsurujmame:20160724084118j:plain

かぼちゃの皮の縦のすじにそって両側に包丁で筋をつけ、その筋に包丁をいれ半分ぐらいまで切ります。両側に半分まで包丁をいれたら更に最後まで切ります。
力任せにせずにゆっくり繊維にそうように‥ 包丁はしっかりにぎってテコの要領できります。

f:id:tsurujmame:20160724084146j:plain f:id:tsurujmame:20160724084219j:plain f:id:tsurujmame:20160724092441j:plain

半分に切ることができたらあとは料理に合わせてきります。
丸ごとのかぼちゃは硬くてちょっと手強いかもしれませんがあせらず落ち着いてやれば大丈夫!

野菜を切るときはいつも野菜の繊維を意識します。
"包丁で切ってやる"というより"包丁が野菜にそって入ってゆく"ようにします。
包丁を通して手に伝わる野菜の硬さ柔らかさほかさまざまな感触を感じられるといいですね。
そうすると千切りでもなんでも野菜を切るのがきっと楽しくなります。

◯保存/かぼちゃは夏から秋に収穫されます。まるごとならば風通しの良い涼しいところで2ヶ月ほどは保存可能。種類によっては冬までとっておけるものもあるほどです。切ってしまうと傷みやすいのでわたをとりのぞきラップに包んで冷蔵庫で保存してなるべく早く使います。

栄養/食物繊維、ビタミン、ミネラルの豊富な栄養価の高い野菜です。ビタミン類では抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンE、カロテンを多く含みます。